幼児の歯みがきのポイント|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

幼児の歯みがきのポイント

あかちゃん

◆乳児期の歯の手入れ

上の前歯は、むし歯を作りやすいところです。就寝時の授乳は、むし歯ができやすくなります。
上の前歯が生え初めたら、ガーゼで上唇と上の歯の間に貯まったミルクをやさしく、ふき取って下さい。お口の中をさわることは歯みがきをする為の練習にもなります。
上の前歯どうしの隙間がない場合、むし歯を作りやすいので歯みがきを始めます。水だけをつけた歯ブラシでみがきましょう。

◆乳児(3歳未満)の口腔ケア

寝かせみがきが基本。歯みがき剤は使用せず、水だけでみがいてください。
小さなお子さんには歯ブラシを持たせる必要はありません。お母さんがすることによって時間短縮ができ、歯みがきの回数も増え、親子のストレスの軽減にもなります。

幼児の歯ブラシは小さめを選んでください。嘔吐反射の強いお子さんは毛先の短い物を使って下さい。
お子さんが噛んでしまい、すぐに広がってしまう場合にはお子さん用の歯ブラシと、お母さん磨き用の歯ブラシを2本用意して下さい。
歯ブラシの持ち方の基本は鉛筆にぎり。歯の隅々まで細かく磨くことが出来ます。
お子さんが暴れる場合は、保護者の方の太腿の間に頭をはさみ、お子さんの肩の上に足を乗せるようにすると動けません。磨き始めたら最後まで磨くのが大切です。
磨かせてくれるようになったら、「お膝みがき」、「立たせみがき」を試してみて下さい。