妊産婦歯周病と早産、低体重児出産の関係|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

妊産婦歯周病と早産、低体重児出産の関係

妊産婦さんが歯周病にかかっていると、歯周病でない妊産婦さんの7,5倍もの確率で早期、低体重児出産が起こるリスクが上がるという事が最近わかってきました。では、なぜ歯周病が早期、低体重児出産に関係しているのでしょうか?

歯周病は早産、低体重児出産を引き起こす原因に

歯周病が進行すると、歯茎で起こった炎症物質が毛細血管を通じて、血液中に入り歯周病菌とともに全身を巡ります。

炎症物質が子宮に到達すると、子宮が収縮する刺激を受けます。そして、出産予定日より前に子宮収縮を引き起こし早産、低体重児出産になると言われています。

歯周病のお母さんが早産になるリスクは歯周病でない人の7.5倍です。したがって、早産のその他の原因であるタバコやアルコール、高齢出産とともに注意が必要です。

お母さんの血液中の歯周病菌は胎盤に付着し、細菌感染を引き起こします。その結果、おなかの赤ちゃんが出産時の胎盤を通して歯周病菌に感染するリスクもあります。

赤ちゃんのお口が健康であるために、妊産婦歯科健診など歯科医院で早期に歯周病の検査を行い、歯周病にかかっている場合は出産前に治療をぜひ受けておきたいものです。小林歯科クリニックでは、位相差顕微鏡にて歯周病菌の有無、種類、数などをお調べし、歯周病の治療を歯磨き剤を用いた「歯周内科」として確立しております。

ぜひ、健診にお役立てください。

歯周病の詳しくはこちら

歯周内科の詳しくはこちら