マタニティ歯科を始めた理由|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

マタニティ歯科を始めた理由

マタニティ歯科

女性は妊娠したら、精神的、身体的ないろいろな変化が起こります。
歯周病、虫歯など、妊娠安定期でないと、歯が痛くても治療してもらえないのかしら、レントゲン検査、薬は飲んでも大丈夫?
など、女性特有の身体の変化にともない、マタニティブルーなどで歯科医師に相談しにくい、治療に行きたくても行かれない、そんな不安を少しでも取り除いて、リラックスして丈夫な赤ちゃんを産んで、育ててもらいたい。

歯科医師としてだけでなく、ひとりの女性として妊婦歯科健康診断など、妊婦さんのお役に立ちたいと願います。どんなことでもご相談ください。
まだまだ日本では定着していない分野ですが、よろしくお願いたします。

妊婦さんの歯科の特徴

女性ホルモンの増加に伴い、歯周病にかかりやすくなります。
歯周病は早産、低体重児出産の可能性が高くなります。
乳歯の形成は妊娠7週目から始まり、赤ちゃんの健康なお口を育てるためにはマイナス一歳からの、お母さんの口腔管理を含む生活習慣の指導、定期的なクリーニングが必要になります。
親しらずが痛くなった、歯が痛いなど歯の治療に関しては産科医などとの連携が必要になります。

歯周病についてはこちらのサイトもご覧ください。

歯周内科治療でお口の除菌を行っております。

妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療