赤ちゃんの歯育てはいつから?|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

赤ちゃんの歯育てはいつから?

妊娠6週目ころに乳歯の種(歯胚)ができ、妊娠4か月になると、歯胚にカルシウムやリンが沈着、石灰化してエナメル質の形成が始まります。
7か月には永久歯の歯胚もでき、お母さんのおなかの中で成長を始めます。

▲赤ちゃん歯科のTOPへ