虫歯になりにくい赤ちゃんを生むために妊婦さんの食事で気を付けることは?|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

虫歯になりにくい赤ちゃんを生むために妊婦さんの食事で気を付けることは?

小魚を食べると歯の丈夫な赤ちゃんが生まれるというのは本当です。妊娠中に肉、魚、卵、牛乳、豆類とその加工品の5種類をよく食べる。

言い換えると、カルシウム、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく採ることで、虫歯になりにくい歯を育てることにつながります。反対に妊娠期に食べられないお母さんからは、4才の健診の時点で虫歯が多く、重いという結果が報告されています。

お母さんのおなかの中で育つ乳歯ですが、まだ完全ではなく、赤ちゃんが生まれてからも大人の歯胚の形成は進行中です。
そこで、出産後も授乳の栄養素を考えて、普段からバランスの良い食事を心がけることが大切なポイントといえます。

baby-mama

▲赤ちゃん歯科のTOPへ