赤ちゃんの歯ぎしりについて|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

赤ちゃんの歯ぎしりについて

赤ちゃんの歯ぎしりについて

赤ちゃんの歯は生後6カ月ころから生え始めます。
寝ている時、起きている時も歯ぎしりをしていることがありますが、大丈夫。
これは、これから生えてくる歯のスペースや、顎の位置が定まらないため歯ぎしりをすることによって自分で調整しているのです。
乳歯は3才ころまでには大体が生えて完成します。

もしその後に歯ぎしりを続けているようなら歯医者さんに相談しましょう。
歯ぎしりがひどいと、歯がすり減り、歯の神経が炎症を起こして痛くなる可能性があるためです。

その場合は治療が必要となりますので、3才児健診のあとは、かかりつけの歯医者さんを見つけて管理してもらいましょう。

▲赤ちゃん歯科のTOPへ