妊娠中のお口のケア|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

妊娠中のお口のケア

赤ちゃんのマイナス1才からの予防管理を行うことで、生まれてくるお子さんのむし歯のリスクはほとんどなくなると言えます。
妊娠性歯周炎、むし歯のケアについて、ひとりひとりの生活環境にあったケアの仕方を、生活習慣、希望、価値観などをふまえてカウセリングして指導させていただきます。

つわりの時には無理に歯磨きしようと思わず、うがい剤を用いてのケアでも良い場合があります。
また、歯ブラシはヘッドが小さいほうが、奥に入れても気持ち悪くなりにくいので、個人別に合う歯ブラシを差し上げています。
歯ブラシの毛先のかたさもお口の状態が人によりますので、歯医者さんに相談しましょう。

▲マタニティ歯科のTOPへ