床矯正をしているお子様とママ|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

床矯正をしているお子様とママへのインタビュー

  1. 床矯正を始めた理由は?
  2. 床矯正をして良くなった点を教えてください。
  3. 床矯正をするにあたり、苦労した点を教えてください。
  4. 床矯正は親子間の協力が必要です。お母さんとお子様の間に変化はありましたか

以上の項目についてお聞きしました。

はつねちゃん(立川市の小学生)

立川市の小学生・はつねちゃんとお母さんにインタビュー

はつねちゃん

  1. お母さんに言われたから。学校友達も床矯正をしている子が多かったから。
  2. 歯並びが良くなった。
  3. 笑った顔に自信が持てるようになった。
  4. たまに痛かったりしたときに、長く入れるのが大変だった。
  5. お母さんと歯の事や矯正のことで、いっぱいお話をするようになった。
  6. 矯正する前より、お話する時間が多くなった。

立川市の小学生・はつねちゃんのママに聞きました

はつねちゃんのママ

  1. 子供の顔が前より面長になり受け口になった。歯の健診に子供を連れていったら、先生に矯正を勧められた。友人からもすすめられた。(お子様のいとこが受け口で矯正していたから。)
  2. 歯並びが良くなったのと受け口が治った事。子供の顔の形が変わった。
  3. 長く装置を入れなければならない点、装置の取り外しや、カレンダーの記入がはじめ慣れなかった。ネジをまわすのを忘れた事。
  4. 親子のコミニュケーションが増えた事が嬉しいです。また、親子で歯磨きをよくするようになり、子供の歯の仕上げ磨きも念入りにするようになりました。

立川市の小学生・はつねちゃんのママに聞きました

ひろきくん(立川市の小学生)

ひろきくんとお母さんにインタビューしました

ひろき君

  1. 上と下の前歯が大人の歯に変わったら、ガタガタに生えてきて歯の並びが悪そうだと思ったから、治したいと思った。
  2. ガタガタの歯に見えていたのが、だんだん治ってきた。
  3. 矯正の装置を14時間以上入れないとならないから、長く入れるのに苦労した。
  4. 床矯正を始めるまえより、お母さんと話す時間が増えた。

立川市の小学生ひろき君に聞きました

ひろき君のママ

  1. 下の大人の前歯の2本がななめに生えてきて、正面からみて見た目が良くない、と思ったのがきっかけでしょうか。
  2. ひろきくんのママ前よりも子供が頑張って歯みがきをするようになって良かったと思います。虫歯に対しての意識が高くなり、フッ素を使ったり、すすんで歯磨きをするようになりました。
  3. はじめは、学校で矯正装置を入れないため、装着時間に気を使いました。最初は慣れないので、違和感があったようです。床装置の取扱いや、ネジをまわすのが最初は難しかったですね。休日は長時間入れられるのですが、平日はいかに最低12時間以上の装着時間を守っていくかが、ポイントになりました。
  4. もともと会話は親子でしていましたが、さらに増えました。歯の大切さを認識できましたし、食育についても、考える様になりました。おかわりじゃんけん(給食)をする事が増えて、たくさん食べるようになったのも、嬉しく思います。

ひろき君のママに聞きました