Q2.歯並びの相談に行くと、、、|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

Q2.歯並びの相談に行くと、、、

歯並びの相談に行くと、よく噛まないで食べていたので、あごが小さい、身体も成長が良くない、と言われました。噛むことと身体の成長にはどんな関係がありますか?

噛むことは唾液中の酵素と関係があります。また噛む刺激であごの発育が促進されます。

唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれています。食べ物を良くかむことで、唾液が出て酵素と混じるために、栄養が体内に取り込まれて身体の発育を促進します。

食事中にお水やお茶などで食べ物を取り込むと、唾液が出ずに流し込まれて、栄養分がしっかり消化吸収されません。

したがって、噛むことは子供の歯並びだけでなく、身体の発育にも関わるため、離乳期からの大事な食育でもあります。

幼児期ではバイオセラピーによってあごの成長、歯並びの改善を行いますので、お気軽にご相談ください。

いきなり歯並びの矯正でなく、出来るところから始めてみましょう。

お家の食事指導、メニューなどアドバイスさせていただきます。

バイオセラピー詳しくはこちら⇒