立川のオミナエシ|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

立川のオミナエシ

秋の七草のひとつに入るオミナエシは、黄色の粟粒の様な小さな花を、夏の終わりから秋にかけて咲かせます。

万葉集にも出ており、漢方薬としては、全体を乾燥させて煎じることで服用すると、解熱効果があります。

立川のオミナエシ

花言葉は心つくし、親切。