立川の小林歯科クリニックは、子供のむし歯、虫歯予防、食育指導、歯科矯正、床矯正など小児歯科治療に取り組んでいます
ブログ
  • HOME »
  • マタニティ歯科

マタニティ歯科

妊産婦歯周病と早産、低体重児出産の関係

妊産婦さんが歯周病にかかっていると、歯周病でない妊産婦さんの7,5倍もの確率で早期、低体重児出産が起こるリスクが上がるという事が最近わかってきました。では、なぜ歯周病が早期、低体重児出産に関係しているのでしょうか?

歯周病は早産、低体重児出産を引き起こす原因に

歯周病が進行すると、歯茎で起こった炎症物質が毛細血管を通じて、血液中に入り歯周病菌とともに全身を巡ります。

炎症物質が子宮に到達すると、子宮が収縮する刺激を受けます。そして、出産予定日より前に子宮収縮を引き起こし早産、低体重児出産になると言われています。

歯周病のお母さんが早産になるリスクは歯周病でない人の7.5倍です。したがって、早産のその他の原因であるタバコやアルコール、高齢出産とともに注意が必要です。

お母さんの血液中の歯周病菌は胎盤に付着し、細菌感染を引き起こします。その結果、おなかの赤ちゃんが出産時の胎盤を通して歯周病菌に感染するリスクもあります。

赤ちゃんのお口が健康であるために、妊産婦歯科健診など歯科医院で早期に歯周病の検査を行い、歯周病にかかっている場合は出産前に治療をぜひ受けておきたいものです。小林歯科クリニックでは、位相差顕微鏡にて歯周病菌の有無、種類、数などをお調べし、歯周病の治療を歯磨き剤を用いた「歯周内科」として確立しております。

ぜひ、健診にお役立てください。

歯周病の詳しくはこちら

歯周内科の詳しくはこちら

マタニティ歯科を始めた理由

マタニティ歯科

女性は妊娠したら、精神的、身体的ないろいろな変化が起こります。
歯周病、虫歯など、妊娠安定期でないと、歯が痛くても治療してもらえないのかしら、レントゲン検査、薬は飲んでも大丈夫?
など、女性特有の身体の変化にともない、マタニティブルーなどで歯科医師に相談しにくい、治療に行きたくても行かれない、そんな不安を少しでも取り除いて、リラックスして丈夫な赤ちゃんを産んで、育ててもらいたい。

歯科医師としてだけでなく、ひとりの女性として妊婦歯科健康診断など、妊婦さんのお役に立ちたいと願います。どんなことでもご相談ください。
まだまだ日本では定着していない分野ですが、よろしくお願いたします。

妊婦さんの歯科の特徴

女性ホルモンの増加に伴い、歯周病にかかりやすくなります。
歯周病は早産、低体重児出産の可能性が高くなります。
乳歯の形成は妊娠7週目から始まり、赤ちゃんの健康なお口を育てるためにはマイナス一歳からの、お母さんの口腔管理を含む生活習慣の指導、定期的なクリーニングが必要になります。
親しらずが痛くなった、歯が痛いなど歯の治療に関しては産科医などとの連携が必要になります。

歯周病についてはこちらのサイトもご覧ください。

歯周内科治療でお口の除菌を行っております。

妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療

マタニティ歯科の流れ

当院で行うマタニティ歯科の流れをご紹介します。

step1

電話で都合の良い時間をご予約ください。

step2

問診票にご記入いただきます。

step3

お口のなかの検査、歯周病菌の有無を位相差顕微鏡で 確認します。レントゲン写真は安定期以降に相談して必要があれば、撮影させていただきます。

step4

検査結果をもとに、カウセリング、今後のお口のケア、歯石除去、つわりがあるときの歯みがきの仕方 、歯の治療があれば妊娠中期がよいのですが、いつ治療するのか実際に歯の状態を見て計画をたてます。
初診時は40分から60分の時間で終わります。
歯周病菌があれば、歯みがき剤で除菌していきましょう。歯みがき剤はアロエ、ヒノキが成分で副作用はありません。

step5

治療へ。出産後のお母さんとお子さんの歯のケアに移行します。

▲マタニティ歯科のTOPへ

立川市妊産婦歯科検診について

立川市妊産婦歯科検診

立川市妊産婦歯科検診 妊婦さん妊娠すると女性ホルモン、つわりなどが原因で、歯肉が腫れたり、虫歯になりやすい状態となります。健やかな妊娠・出産のため妊婦歯科健診の受診をお勧めします。
立川市では、妊娠中の方を対象に、歯周病の早期発見と、歯の健康づくりを目的として、歯科医師による無料の歯科健康診査を行っています。

  1. 対象者
    立川市内に住民登録がある妊婦の方
  2. 実施機関
    実施歯科医療機関
  3. 健診内容
    問診・口腔内診査・結果説明
  4. 受信方法
    ご希望の歯科医療機関へ、受診日時を予約してください。
  5. 持ち物
    ・立川市妊婦歯科健康診査受診券(母と子の保健パックに同封)
    ・母子健康手帳(歯科医療機関で、健診結果等を記録します。)
  6. 受診回数
    妊娠期間中に1回受診できます。(安定期の受診をお勧めします。)
  7. 健診費用
    無料です。

※診断結果に基づいて、治療・処置する場合は、後日、保険診療扱いとなります。

▲マタニティ歯科のTOPへ

妊娠によるお口の中の変化

つわり、女性ホルモンの増加により、お口の中が酸性に傾きやすい時期です。

食べ物の嗜好の変化、唾液の分泌が減るため、お口のネバネバ感、口臭、歯ぐきが腫れ、歯みがきの時に出血しやすくなります。
また、つわりによりブラッシングが難しくなり、プラークの付着、むし歯が発生しやすくなります。

また、むし歯菌、歯周病菌の増殖がみられ、生まれてくる赤ちゃんに唾液を介して菌を移してしまうため、この時の口腔ケアで歯周病菌、むし歯菌の除菌がとても大切になるといえます。

妊産婦さんのお口の環境

(妊娠性歯肉炎)歯茎が腫れ、出血しやすくなります。

妊婦さんの約半数以上、妊娠中期によくみられます。主な原因は妊娠すると女性ホルモンが増加にともない、歯周病菌が増えるためにその結果、歯茎の炎症が起こりやすくなります。歯周病は20代より30代後半を過ぎると、重症になると言われています。出産される妊婦さんの多くは高齢出産も増えてきました。したがって、より妊娠後の口腔ケアが必要になります。

(虫歯の増加)

妊娠するとつわりなどで歯磨きが難しくなります。また、食生活が変化して偏食が起こります。

また、唾液の量が減りお口の中が酸性になります。したがって、妊産婦さんのお口は虫歯ができやすい状態になります。虫歯は進行すると痛みが出て、神経まで達すると出産の時にストレスなど、悪影響を及ぼすために早期に歯科医院で治療が必要です。

▲マタニティ歯科のTOPへ

妊娠中のお口のケア

赤ちゃんのマイナス1才からの予防管理を行うことで、生まれてくるお子さんのむし歯のリスクはほとんどなくなると言えます。
妊娠性歯周炎、むし歯のケアについて、ひとりひとりの生活環境にあったケアの仕方を、生活習慣、希望、価値観などをふまえてカウセリングして指導させていただきます。

つわりの時には無理に歯磨きしようと思わず、うがい剤を用いてのケアでも良い場合があります。
また、歯ブラシはヘッドが小さいほうが、奥に入れても気持ち悪くなりにくいので、個人別に合う歯ブラシを差し上げています。
歯ブラシの毛先のかたさもお口の状態が人によりますので、歯医者さんに相談しましょう。

▲マタニティ歯科のTOPへ

妊娠中の歯の治療

妊娠中の歯の治療

妊娠5~7か月はほとんどの歯科の治療が可能です。薬はなるべく使用しないほうが良いでしょう。

ただし、歯の状態によっては腫れや痛みを我慢するほうが、妊婦さんのストレスになり、母体に影響があると判断される場合には、最小限の量で、副作用がほとんどみられない薬をご自身と相談の上、使用します。
抗生物質はセフェム系のメイアクト、フロモックス、鎮痛剤はカロナールを用います。

レントゲンに関しても同様で、X線撮影は私たちが浴びる1年間の自然放射線量を換算すると、小さいお口の中で撮影する写真は約150枚、 パノラマといいお口の外で撮影する大きな写真は約100枚に相当します。

どうしても歯が痛いなど緊急時を除いてはなるべく撮影はしないようにしていますが、撮影する枚数は1~2枚ですし、防護エプロンもつけておりほとんど問題はないといえます。

▲マタニティ歯科のTOPへ

産後のお口のケア

出産後、ホルモンのバランスはもとに戻り、妊娠性の歯ぐきの腫れも改善されていきます。

産後の体調、育児による時間制限、ストレスなど、他の理由から、お口のプラークコントロールなどがおろそかになり、また、歯が痛い、歯ぐきが腫れた、親知らずが痛いことがあっても育児の忙しさから、歯科への通院が難しくなる時期でもあります。

お家でできる口腔ケアを一緒に考えて、赤ちゃんの健診もかねて、定期的にスケーリング、PMTCなど、治療を進めていきましょう。

▲マタニティ歯科のTOPへ

PAGETOP