立川の小林歯科クリニックは、歯科矯正、床矯正、子供のむし歯、虫歯予防、食育指導、など小児歯科治療に取り組んでいます
ブログ
  • HOME »
  • 患者さん体験記

患者さん体験記

子供の歯の成長と向き合うことができました

歯ブラシ

しゅうじ君(9歳)のお母様

歯の矯正を小林歯科クリニックでやって本当に良かったです。子供は歯の成長が遅く悩んでいました。

親でも気づかない、顎の力が弱いことも教えて頂きました。家でできるトレーニングも教えていただきました。強制しながら歯の成長を細かく診ていただき、丁寧に教えて下さいます。

私が知らなかったことを解りやすく教えていただき、子供の歯の成長と向き合うことができました。まだ数年かかると思いますが、子供と一緒にがんばっていこうと思います。

しゅうじ君のお母様へ

しゅうじくんは性格がとても素直で、できるかできないかではなくて、やってみようと何でもチャレンジしてくれるお子さんです。

お母様、お父様、おじい様、おばあ様、しゅうじ君が小児矯正を行うにあたり、待合室で私を含めて皆で相談したことがつい昨日の事の様に思い出されます。

床矯正も順調に進んでいます。犬歯が生えてくるまでにやまを一緒に越えていきましょう。
いつも私たちに元気をくださり、ありがとうございます。

▲患者さん体験記のTOPへ

歯の健康に努めてきた・ちさちゃん

子供の後ろ姿

いつから始めたのですか?

7歳 1年生の3学期、春休みになる前

始めた理由は?

通院の過程で、将来歯並びが悪くなるのはわかっていたので、いつか始めなければ…とは思っていました。ただ、本人の意志や矯正をする意味をちゃんと理解してもらって、納得した上で始めないと、途中から「もうヤダー!」と言いそうだったので、タイミングは大事だな…と思っていましたが、先生方が、娘にわかりやすく説明を重ねて下さったおかげで、娘なりに理解したのか、自分から「頑張ってやってみる」と言ってくれました。

コミュニケーションをとりながら、娘にとってムリなく始められたことは、とても良かったです。 

始めてからは…

実際始めてからは、本人の意志がしっかりとあった分、自らよく取り組んでくれました。

「今日は何時間つけれた!」とか

「休みの日は、ご飯以外ずっとつけてる!」とか…。

本人なりに矯正が広がっていくのを、実際目にすることで、頑張りを確認して前向きに取り組んでいます。 

大変だったことは?

一度、矯正器具が広がり切る前に、口の中でカチカチと噛んで壊れてしまい、作り直しになったことがありました。

親としては、どう扱えばどうなるか、娘が身をもってわかってくれるだろう…くらいの気持ちでしたが、娘は、毎日頑張ってた分、「作り直した装置がまた壊れたらどうしよう」と不安になり、しばらくの間、矯正をすることに神経質になっていました。壊れる前みたいに、恐れずに日常としての習慣に立て直すまでに、多少時間がかかりました。

あとは、毎日キレイにしているつもりでも、多少、臭がしたりして、お姉ちゃんに「くさい」と言われることがあります。これから学年が上がっていくにつれて、学校でどうなるかが心配です。

床矯正をやって良かったことは?

頑張ったぶんだけ、自分の歯並びが良くなることを実感しているようです。「今、取り組めば、大人になった時にきっといい」と子供なりに思っていることが素晴らしいと思います。矯正を通して、何かを続けていく事が大事だと少しでもわかってくれて良かったです。

ちさちゃんのお母様へ

ちさちゃんは幼児の小さいころから、予防歯科、食育など一緒に定期健診を通して、歯の健康に努めてきたお子さんです。

ちさちゃんは私たちスタッフと虫歯や歯並びについて、同じ目線で考えてくれる性格です。

そしてお母様が歯科矯正をうしろから後押ししてくださった事もあり、現在の小児矯正の進行具合に成果をあげておられます。

お母様のお子さんを中心に考えてくださる姿勢に感謝です。

▲患者さん体験記のTOPへ

床矯正を始めたのは8歳3ヶ月から

女の子3人

りのんちゃん

始めた理由

違う件でこちらに来ましたが、レントゲンを撮ってみたら問題点がいくつかあり、悪いクセもわかったので、このままだとこれかだどうなっていくか、子供とも話した上で始めました。

床矯正を始めたのは8歳3ヶ月からです。

始めてからどうだったか

頑張って長時間つけていることが多く、だんだん広がっていくのが目に見えてわかって、子供の励みになっていました。

大変だったこと

床矯正に慣れるまでは、付け外しや付けていることへの違和感、話しづらさに慣れるまでが大変でした。

良かったこと

まだ全てが終わるまではわかりませんが、少しずつ歯がキレイに並んできてうれしいです。

りのんちゃんのお母様へ

りのんちゃんとの出会いも印象に残っています。りのんちゃん、お母様も乳歯、大人の歯のことで来院されたのですが、りのんちゃんの将来の歯並びやお顔の事を説明させていただいた事がきっかけとなり、小児矯正を行うことになりました。

人一倍、お母様も本人も次の来院までに目標を決めて頑張ってこられます。

この熱意には私たちスタッフも身が引き締まる思いで、彼女が習っている英語の上達につながるように祈りつつ、診療させていただいております。

▲患者さん体験記のTOPへ

始めた時期…2017年1月8歳

子供と風船

かなちゃん

始めた時期…2017年1月8歳

・少しずつ広がってきて見えなかった歯が見える様になってきた。

・重ね重ね、口内炎になることがあった。 インフルエンザでつけられなかった時に、あっという間に装置が合わなくなった。

・やっていくうちに、どんどんと歯ならびがきれいになっていくのがわかる。

・滑舌が良くなってきたような気がする。(言葉が聞き取りやすくなった)

かなちゃんのお母様へ

かなちゃんとのお付き合いは長いです。かなちゃんのお姉さんの治療に、一緒に保育園の頃から、クリニックに遊びに来てくれていました。歯並びを良くしたいと、本人もチューブという口腔機能訓練を、毎日歯科矯正を行うまえから頑張って下地を作ってくれています。装置も長い時間装着してくれていることも感心しています。

▲患者さん体験記のTOPへ

すきっ歯で出歯なのか気になってました

いつから始めたのですか?

10歳 5年生

始めた理由は?

だいぶ前から、すきっ歯で出歯なのか気になってました。

本人は特に何も言っていませんでしたが、大人になった時のことやかみ合わせが心配で、色々な歯医者で相談したのですが、年齢的に、ワイヤーをつけて寄せる歯を何本か抜かなくてはいけないとのことで、困っていましたが、HPでこちらを知り、お願いすることができました。

始めてからは…

すぐに慣れたようで安心しました。みるみる並んでいく歯に感動!!

本人も鏡を見てはすごい!!と言ってました。

ボタンを付けてすぐには食べられず、痛いーと頭を抱えていましたが、がんばっていました。

大変だったことは?

本人も私も特に大変と思ったことはありませんが、やはり歯を寄せる時の痛みがつらかったようです。

床矯正をやって良かったことは?

歯を治すことによって、かみ合わせや花粉症がよくなること、口呼吸が治ることなど、子供の将来にかかわる体のこと全てに良いことがわかり、今後、私自身も食事のこと、かみ合わせや呼吸について知ることができたことです。

だいちくんのお母様へ

だいち君の歯科矯正はほとんどの歯が大人の歯であることから、歯が並ぶスペースを早く確保するために、本人もお母様も、装置の装着時間も長くいれてくれて、また、4かみ合わせが良くなるように、食事にも気を使ってくださいました。

これは、親子一体で頑張って結果を出してくださっている大きな要因だと思われます。
▲患者さん体験記のTOPへ

本人の希望もあり、矯正を考え始めました

歯ブラシ

ゆうさく君

平成26年6月8歳より

・前歯が永久歯に抜け替わり、歯が重なり合い、向きもバラバラだった。本人の希望もあり、矯正を考え始めました。

大きくなってから、大人の歯を抜くのはなるべく避けたかったので、小学生から始められる、小児矯正の床矯正をすることに決めました。

・永久歯がまっすぐになり、きれいになりました。

・大変だったこと

学校での取り外し、人とぶつかって矯正装置にあたり、口をケガすることがありました。通うペースも頻回で負担になりました。

・本人の希望どおり、きちんとした歯並びになり良かったです。人と話すのも自信がついたようです月一、二回のペースでの通院は働く親には負担がかかります。

ゆうさく君のお母様へ

ゆうさく君は歯科矯正を始めて、犬歯が八重歯で生えてきたときに、本当に口腔機能訓練に取り組んでくれて、矯正装置も学校に行ってもほとんど装着してくれるという努力をしてくれました。その結果、予想より早く犬歯が本来の良い位置に移動してくれました。

この体験は本人の大きな自信につながると思います。お母様も毎日のお仕事の中、通院に付き添われるのが大変だったと思います。本当にありがとうございます。

▲患者さん体験記のTOPへ

たくさんの問題をひとつひとつクリア

歯ブラシ

あおい君

9歳から

始めた理由

4年制の春先、前歯のすきっ歯が気になり受診しました。

レントゲンを撮ると、永久歯2本欠損と6才臼歯が4本生えていなく、歯内歯も1本あるという状態でした。

親としては、たくさんの問題を前にどうしたらいいのか焦ってしまいましたが、先生のお話を聞き、本人もとても前向きだったので、1つずつクリアできました。

始めてからどうだったか

食事の時をガムトレの時に以外は、ずっと装置をつけ、寝かたも気をつけました。

食事についてもアドバイスを頂き、とても参考になっています。

親子で取り組むことがとても大切だと思います。

大変だったこと

装置に慣れるまでは、話し方は最初大変そうでしたが、今では以前と変わらず上手に話せて、学校も普通に発表できているようなので安心しています。

良かったこと

妹と一緒に始めたのも、お互いにとってとても良かったようで、ガムトレも二人で声をかけ合いながら、がんばっています。

あおい君のお母様へ

歯内歯という珍しい歯に加えて、先天性の永久歯欠損という大人の歯が生まれつき生えてこないケースでした。お父様もカウセリングにお出でになり、お母様も矯正に必要な専門の知識を一緒に学んでくださる姿勢に感銘しました。歯内歯の摘出は大学病院でお願いしました。多くの先生に診察されてあおい君は、本当にラッキーだと思います。

妹さんとも一緒に小児矯正ができることで、励ましあいながら矯正を頑張ってくれています。今後の結果が楽しみです。よろしくお願い申し上げます。

▲患者さん体験記のTOPへ

PAGETOP