立川の小林歯科クリニックは、子供のむし歯、虫歯予防、食育指導、歯科矯正、床矯正など小児歯科治療に取り組んでいます
ブログ
  • HOME »
  • 幼児の歯みがき

幼児の歯みがき

幼児の歯みがきのポイント

あかちゃん

◆乳児期の歯の手入れ

上の前歯は、むし歯を作りやすいところです。就寝時の授乳は、むし歯ができやすくなります。
上の前歯が生え初めたら、ガーゼで上唇と上の歯の間に貯まったミルクをやさしく、ふき取って下さい。お口の中をさわることは歯みがきをする為の練習にもなります。
上の前歯どうしの隙間がない場合、むし歯を作りやすいので歯みがきを始めます。水だけをつけた歯ブラシでみがきましょう。

◆乳児(3歳未満)の口腔ケア

寝かせみがきが基本。歯みがき剤は使用せず、水だけでみがいてください。
小さなお子さんには歯ブラシを持たせる必要はありません。お母さんがすることによって時間短縮ができ、歯みがきの回数も増え、親子のストレスの軽減にもなります。

幼児の歯ブラシは小さめを選んでください。嘔吐反射の強いお子さんは毛先の短い物を使って下さい。
お子さんが噛んでしまい、すぐに広がってしまう場合にはお子さん用の歯ブラシと、お母さん磨き用の歯ブラシを2本用意して下さい。
歯ブラシの持ち方の基本は鉛筆にぎり。歯の隅々まで細かく磨くことが出来ます。
お子さんが暴れる場合は、保護者の方の太腿の間に頭をはさみ、お子さんの肩の上に足を乗せるようにすると動けません。磨き始めたら最後まで磨くのが大切です。
磨かせてくれるようになったら、「お膝みがき」、「立たせみがき」を試してみて下さい。

前歯をみがく場合

前歯をみがく場合、小さなお子さんはいやがることが多いです。歯ブラシで歯ぐきや小帯(唇と歯ぐきをつなぐスジ)を痛めることがよくあるためです。

前歯をみがく場合 前歯をみがく場合

前歯をみがく場合は上の歯では人さし指を歯にあてるか(左の写真)親指や人差し指で歯ぐきの小帯を押さえるようにして(右の写真)、指にそって歯ブラシを動かすとうまくみがくことができます。歯を磨くのに強い力はいりません。細かく歯ブラシを横に動かし、歯ブラシの毛先で軽く磨くのがこつです。2本ずつみがくようにしましょう。

上の前歯の裏側

上の前歯の裏側は歯ブラシを立ててかき出すようにみがきます。寝かせみがきを行っているときには、保護者の方の 顔にしぶきがかかってしまいます。そこで親指をそえて、歯ブラシを親指にあてるようにするとかかりません。1本ずつ丁寧にみがいて下さい。

下の前歯 下の前歯

下の前歯を磨くときも上の前歯の時と同様のみがき方で行いますが、親指を歯の先端に当て指にそって歯ブラシを動かすとうまくみがくことができます。

上の奥歯の外側

上の奥歯の外側をみがく場合は口を大きく開けるとあごの骨の構造上、歯ブラシが入りません。かませるか、少しだけ口を開けさせて、磨くのがポイントです。奥歯の溝はゴシゴシみがいてもかまいません。

下の奥歯の裏側 奥歯の溝  下の奥歯の裏側 奥歯の溝

下の奥歯の裏側は、とても磨きづらいところです。お子さんは歯ブラシを舌で押し出そうとします。そこで、舌の裏側に歯ブラシを入れるようにしてみがきます。

生えかけの奥歯は横から1本だけみがくようにしましょう。6歳前後になると乳歯の奥に大人の歯(右の写真)が生えてきます。これが6歳臼歯です。6歳臼歯は1番大切な歯ですが、溝も深く複雑で、むし歯になりやすい歯でもあります。

生えかけの6歳臼歯をみがく場合は口の横から歯ブラシを入れて、一本だけをみがきます。6歳臼歯にはシーラントをしたほうがいいでしょう。詳しくは「フッ素」「小児歯科Q&Aのシーラント」を参考にされて下さい。

歯と歯がぴったりくっついている場合にはデンタルフロスを使った方が虫歯予防により効果的です。フロスを使うときは使い方の指導を受けて使用してください。

PAGETOP