立川の小林歯科クリニックは、子供のむし歯、虫歯予防、食育指導、歯科矯正、床矯正など小児歯科治療に取り組んでいます

乳歯の虫歯ができる場所と治療法

  • HOME »
  • 乳歯の虫歯ができる場所と治療法

おやつを食べる赤ちゃん(0歳児)

乳歯の虫歯ができる場所について

1)奥歯と奥歯の間

乳歯の奥歯と奥歯はすき間に食べ物がつまりやすいです。歯ブラシではなかなか、汚れを落とすのがむずかしいので、一番よく虫歯ができる場所です。

なるべくお母さんが仕上げ磨きをされる際に、デンタルフロスを使用されると、虫歯予防につながります。

2)上あごの前歯と前歯の間

母乳、ジュースなど、飲み物で虫歯になりやすい場所です。
また哺乳瓶を長く使っている場合にもミルクなど糖分が多いため、虫歯になりやすいので、気を付けましょう。

3)奥歯のみぞ

奥歯は上の面が凹凸になっていて、食べ物がたまりやすくなっています。
歯ブラシの先をみぞに入れて、かきだすように歯みがきをしてあげてください。

4)乳歯と歯ぐきの境

子供の歯茎に強く歯ブラシが当たると、いやがる場合があります。

お母さんも仕上げみがきの時につい、磨けない事が多いと乳歯の歯ぐきのきわ近くに帯状の虫歯ができやすくなります。

帽子を被って微笑む女の子

乳歯の虫歯の治療方法

(乳歯の虫歯ができてしまったら?)

1)初期の虫歯

初期の虫歯は白濁した白い色なので、気が付きにくいのですが、虫歯が進行すると茶色に変色してきます。

初期の白い虫歯の場合、おやつを砂糖が含まれていないものに変える、だらだら食いを避けるなどして歯みがきをしてもらえると、お子さんの唾液中のミネラルが乳歯の再石灰化を助けてくれる可能性があります。

また、フッ素を定期的に塗る事も効果的です。

2)小さな虫歯 神経にまで進行していない場合

乳歯の虫歯の進行は乳歯の歯が柔らかいために、大人の歯の虫歯よりも速いです。
したがって、歯医者さんで診てもらいましょう。虫歯の穴の部分に詰め物をしてもらいます。

3)神経にまで虫歯が進行した場合

通常は歯の神経の治療を行います。

乳歯の下には永久歯が控えていますので、乳歯の根っこに膿が溜まるようであれば、膿が永久歯の変色や形成不全を引き起こす事があります。

また、神経の治療を行った乳歯は根っこが吸収されず自然に抜けない事が多いため、経過を診てもらいましょう。場合によっては抜いた方が良いこともあります。

4)乳歯が虫歯で根っこしか残っていない場合

乳歯の虫歯が進行して根っこだけになった場合は、根の治療をして保存します。

何故なら、乳歯は永久歯の交換の時にスペースを確保する役割があるためです。もし、抜歯をする場合は永久歯が出るためのスペースを維持するための保隙装置を入れる必要があります。

お気軽にお問い合わせください TEL 042-527-8217 受付時間:9:30~12:30 14:00~18:30
土曜日 初診受付11:30まで
休診日:水・日・祝祭日

PAGETOP