従来の矯正と床矯正の比較|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

従来の矯正治療と床矯正は、内容や目指すものの異なる矯正方法です。

●床矯正は、歯を動かして、歯列、顎をしっかり整え、機能の改善が目的。

顎を従来の大きさに治すため、歯を抜かずに歯列矯正ができます。

●従来の矯正治療は、歯列不正を治すことが目的。

顎の発育が見込めず、正しく歯を並べるスペースがない場合、スペースの確保として、抜歯を検討します。

従来の矯正治療と床矯正の比較