拡大装置の種類|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

拡大装置の基本的種類

動的床装置

1)平行拡大による側方拡大装置

シュワルツのタイプの拡大装置ともいいます。上あごの前歯、奥歯ともに側方拡大が必要とされるときに使用。

動的床装置
*下あごの側方拡大装置

下顎の側方拡大装置
2)扇型拡大による上顎側方拡大装置

上あごの前歯のみの拡大処置を行う装置。ファンタイプ(扇型)の側方拡大装置とも呼ばれる。

扇型拡大による上顎側方拡大装置

3)閉鎖型の床装置

拡大処置が終わり、奥歯を保定し、前歯の歯軸を整え、前歯を前方に移動する装置。

閉鎖型の床装置
4)前方移動装置

反対咬合(受け口)の症例で前歯を前方に移動する。

前方移動装置

*前歯の1~2歯の位置異常のケースで前歯を前方移動する。

前歯の1~2歯の位置異常のケースで前歯を前方移動する
5)臼歯の後方移動装置

臼歯の後方移動装置

6)臼歯の前方移動装置

臼歯の前方移動装置

「GPのための床矯正・矯正のすすめ」鈴木 設矢 (デンタルダイヤモンド社)より引用