立川の小林歯科クリニックは、歯科矯正、床矯正、子供のむし歯、虫歯予防、食育指導、など小児歯科治療に取り組んでいます
ブログ
  • HOME »
  • 院長のひとりごと

院長のひとりごと

立川のハスの花

ハスの花は仏さまがハスの蓮台に乗っているように、関わりが深いですね。

さいている時間も短くて、夕方にはお花を閉じていきます。

立川のハスの花

花言葉は雄弁。

立川のハスの花

葉っぱを使って絵を描こう

小平市の東京薬用植物園に行きました。
薬用植物園には立川駅からバスで行くか、モノレール玉川上水駅から西武線の小平駅まで乗り継いで行かれます。

暑いなかに、お花も頑張って咲いています。

職員のおじさんから、大人も子供も楽しめる
葉っぱを張り絵にする講習会があるので、みなさんにお知らせしてほしいと頼まれました。なるほど、かわいいです。

葉っぱを使って絵を描こう

8月15日の金曜日に午前、午後の2回行われます。
Faxかお電話でお申し込みください。無料です

TEL 042-341-0344
FAX 042-346-2686

立川の睡蓮

睡蓮の名前の由来は、日中に咲いて夕方には花を閉じるからなのだそうです。

7月7日の誕生花。モネの絵でも有名ですが、水面に浮かぶ可憐な姿は、初夏の季節に清涼感を与える景色です。

立川のスイレン

花言葉は優しさ、信仰

Mちゃん、おねえさん。

Mちゃんは床矯正を今年の春から始めています。
お姉ちゃんは昨年から床矯正をしていて、お母さまが、食育にも熱心です。一緒に歯並びを治したいと頑張ってくれています。
お父さんの歯の治療におともで来院した時は、Mちゃんはお父さんが終わるまで、大好きなお絵かきができて◎です。

Mちゃん、おねえさん

今日はスタッフの似顔絵を描いてくれました。とてもお上手です。
いつもありがとう。

Nちゃん、ワンちゃん

今日はNちゃんの歯科矯正の診療です。
Nちゃんは学校の授業で木工のワンちゃんを作って、クリニックに見せに来てくれました。

足も動いて、力作ですね。
Nちゃんの優しい性格がワンちゃんにも表れています。
思わず、写真をお願いしちゃいました。

Nちゃん、ワンちゃん

立川の紫陽花

健康会館の1才6ヶ月健診があり、その帰りにマンションの入り口のお庭に咲いていました。珍しく、思わず見とれてしまいました。

立川の紫陽花

花言葉は元気な女性。花に見えるのは額で、色は土壌が酸性だと青色、アルカリ性だと赤色になります。

立川のさつき

さつきとツツジはよく似ています。さつきの名前は正式にさつきつつじと言い、同じ仲間です。いろいろな色があり、楽しめます。

立川のさつき

花言葉は節約。

立川の牡丹

少し前に咲いていました。
先日の芍薬との比較してみると、おもしろいです。

木なので、立ち上がりがしっかりしていますね。

立川の牡丹

先日の芍薬

先日の芍薬

立川の芍薬

芍薬の花言葉は清浄。

奈良平安時代に、日本に渡ってきました。

漢方でも有名で、消炎、鎮痛作用があり、芍薬甘草湯などがあります。

牡丹は木ですが、芍薬は草です。きれいですね。
立川の芍薬

立川のドイツアヤメ

紫色の初夏を思わせる花です。公園で見かけました。

立川のドイツアヤメ

花言葉は良い知らせ。

ミッキーマウスの木

小平市の東京植物薬草園には、温室があり、珍しい植物があります。

ミッキーマウスの木。お花がミッキーマウスみたいです。

ミッキーマウスの木

黄色いモクレン

西調布にある、京王フラワーガーデンに黄色いモクレンを見に行きました。立川からは多磨モノレール、京王線を乗り継いで行きます。 

紫、白などのモクレンはよく見かけますが、黄色いモクレンは珍しく、他のモクレンが3月から4月の中旬に咲くのに比べ、4月の下旬に咲きます。

黄色いモクレン

不思議な雰囲気のお花です。

薬草植物園のニリンソウ

立川の隣、小平市の薬草植物園に咲いています。花びらが白く形も繊細で綺麗です。

薬草植物園のニリンソウ

高山によく見られる珍しい花です。

立川の花桃

昭和記念公園に咲いています。

花桃はひな祭りように、改良され、八重桜のように見えるのですが、花びらが大ぶりで、さらに華やかです。

立川の花桃

花言葉は良い気立て

立川の藤の花

今年は藤の花の咲く時期が早く、今が満開です。

藤の花言葉は優しさ、しっかりとした風が吹くと、良い香りがします。

立川の藤の花

桜保存林の長州緋桜

立川から中央線高尾駅まで、約25分程快速電車で多摩森林科学園に行きます。

おおよそ、3月から4月下旬までいろいろな桜を見る事ができます。

長州緋桜は花びらが小さいながら、全体に可憐なイメージの美しい樹です。

桜保存林の長州緋桜

多摩森林科学園のサクラ保存林

先日、中央線高尾駅の近くにある多摩森林科学園に行って来ました。

日本中のサクラを種類別に植えて管理しています。

サクラの花びらの色が様々で、とても美しい風景です。

多摩森林科学園のサクラ保存林

小林歯科クリニックの花かいどう

クリニックの庭はお花でいっぱい。今がいちばん綺麗です。

小林歯科クリニックの花 小林歯科クリニックの花

お母さんや小児歯科の子供たちは、待ち時間に眺めて、目の保養。

クリスマスローズ、シクラメン、藤、花かんざしなど、私達も休み時間に楽しんでいます。

子供たちからお手紙

4才のNちゃんはすごい!、定期健診の時期にクリニックに手紙を書いてくれました。

お母さんは追伸に健診の予定を記して送ってくれました。

子供たちからお手紙

彼女はほとんど虫歯がありません。

シーラントの予防もかねて、4ヵ月に一度クリニックに健診に来院してくれます。

スタッフは大喜び

4才のお手紙は、いただいた中で最年少です。

小さなお子さんの限りない可能性を、いっぱい感じました。

Nちゃん、お母さん、お手紙ありがとうございます。

お会いできるのを楽しみにしてます。

みかんの魅力

寒くなりました。少しずつ冬の気配がしてきた今日この頃です。

みかんの美味しい季節になりました。

みかんは漢方薬として別名陳皮と言い、万能薬です。

大陸ではマンダリンオレンジ、日本ではうんしゅうみかんを使用しています。

みかんの魅力

みかんの皮を干して1年以上置いて使用するようです。冬に向かってみかん風呂はいかがでしょうか?

みかんを食べたら、2つか3つ布袋に入れて湯舟に浮かべます。

腰痛、肩こり、冷え性に効くようです。

不思議ふしぎ。

私の妹のようにお付き合いさせていただいている、また鍼灸、マッサージでお世話になっている方のお子さんです。

健康の事ではいろいろなアドバイスをくださり、自分でも彼女の言葉がきっかけで酵素の勉強をしています。Yさん、感謝です、本当にありがとうございます。

優しくて、やんちゃではにかみやさんのY君は3才。今年の夏にお兄ちゃんになりました。

歯並びもお母さんがしっかり食育でケアしているようで、大人の歯が出てくるように乳歯と乳歯の間に良いスペースが出来ています。

虫歯もなく、ホッとしたところで歯医者さんデビューの写真を撮らせてもらいました。

子供たちは皆、個性があり、純粋です Yさん

子供たちは皆、個性があり、純粋です。

歯医者さんに来るといろいろな顔を見せてくれます。不思議ふしぎ。

食育や予防など、このような形で子供の未来に関われる事は、本当に良かったと感じています。

貢献できるように、さらに仕事に精進したいと思います。

お菓子大好き

虫歯にならないように、ホームページのサイトにおやつのランキングをのせていますが、私もお菓子が大好きなので、時々、虫歯で通院しているお子さんにこのような指示を出しています。

どうしてもケーキや、お菓子が食べたかったら、(飴、グミはダメですが)食べたら、すぐに歯をみがこうよ。場合によっては、お水でブクブクうがいでもいいよ。

食べてから歯の修復(石灰化)にミネラルが関係しますが、2時間半以内にダラダラ食いをしていると、どんどん歯の表面が溶けていわゆる虫歯になります。

これら虫歯の原因を知って、フッ素ジェルを生活習慣に取り入れると、予防に効果があります。

吉祥寺のカフェのお菓子 お店の風景

これらの写真は、7月半ばにバイオブロックの講習会があり、お昼ご飯を食べた吉祥寺のカフェのお菓子と、お店の風景です。

虫歯になりにくいお菓子はこちらをご覧ください>>

歯科衛生士というお仕事

近年、歯科衛生士の仕事が注目されています。
歯科衛生士は以前はドクターのアシスタント、予防処置、歯石除去などのクリーニングを主な業務と、されてきました。

現代の歯科治療は、インプラント、歯科矯正、など多岐に渡る内容になり、歯科衛生士は、患者さんの診療におけるカウセリング、メインテナンスなどのホスピタリティの面を担っています。

患者さんはドクターに直接聞きたくても、つい気を使ってしまい遠慮がちになる傾向があるようです。

その点、歯科衛生士には気軽に相談できるようです。

また、歯科衛生士も患者さんの性格や、治療の内容、診療の進み具合を知っていますから、相手の視点や立場に立って最適なアドバイスが出来るでしょう。
また、患者さんとの心のコミュニケーションによって、患者さんの安心感にもつながります。

ホスピタリティが重視されている今日、歯科衛生士はなくてはならない、歯科医院のカラーになりつつあります。

歯ブラシ

アロマの効用

昨年の夏にユリ園に行きまして、その際にユリの香りが風にのって暑い中にも、癒された思い出があります。

アロマテラピーは最近ブームです。

歯科では、うがい薬のアズレンはカモミールが原料ですし、歯の根の治療にはコアラが大好きなユーカリの葉のエキスを使用しています。ちなみにクリニックでは、口腔の中のマッサージにアロマを用います。

疲れてだるいかなという場合には、やわらかい香りのマンダリンが、お口の中をスッキリしたい場合にはミントがおすすめです。

首や肩こりの場合には上あごの奥歯の上の歯肉を親指で押してみてください。

胸鎖乳突筋という筋肉の付け根になり、リンパの流れが良くなるので、2、3分で大丈夫です。ぜひお試しください

ユリ園

ぬか漬けの秘密

ぬか漬けとは、発酵、熟成されたぬか床から、味の成分、塩が野菜に浸透して乳酸菌と酵母のバランスでさわやかな酸味をもつ野菜の漬物です。

糠漬け

ぬか漬けには乳酸菌や酵母、食物繊維、ビタミン類、ミネラル、健康を維持するのに有用な成分が多く含まれています。糖尿病、大腸がん、などは食物繊維の不足が原因と言われているため、ビタミンBが豊富に含まれているぬか漬けは、抗酸化食物のなかでも注目されてきています。

今、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌が注目されてきています。
その理由は植物性乳酸菌の方が、胃酸にも抵抗力があり胃での生存力が高く、腸管まで達し整腸作用があるため。善玉菌の繁殖を助け、悪玉菌の繁殖を防ぎます。
今年も夏に向けて、食欲がない時などキムチやすぐき漬けなど、そうめんなどと一緒にいかがでしょうか?

« 1 2 3
PAGETOP