バイオセラピーの症例|立川 小児歯科 矯正矯正 小林歯科クリニック

バイオセラピーで良くなった症例

Yちゃん、8才 ガムトレーニング、おせんべい、新体操で良くなっています。

バイオセラピーの症例

Yちゃんは今年の初めにレントゲンを撮影して、上の前歯で2番めに生えてくる側切歯(そくせっし)という歯がまだ歯茎の中に隠れていて見えないので、どのようになっているか確認しました。

レントゲンを撮影した結果

左右対象に捻転して背中合わせのような向きです。このままでは、斜めに回転した形で生えてきます。

通常は生えてきて叢生というガチャガチャな歯並びになるため、従来の矯正ではブラケットを使用するワイヤーを張って歯科矯正を行い、歯の捻転を修正します。

床矯正を使ってのバイオセラピーは、咬むトレーニングを行い、歯の根を取り巻く歯根膜(しこんまく)という繊維を刺激して歯が本来の位置に来るように治療をうながすものです。

これは、Yちゃん本人のバイオセラピーのトレーニングの努力で治しています。

バイオセラピーの症例

治療の結果は個人差があります。必ずこのようになるとは限りません。

当院の治療費についてはこちらをご覧ください⇒

また、ご質問等がありましたら、

TEL:042-527-8217 までご連絡ください。