赤ちゃんとママ

1. 家族の口腔ケア

赤ちゃんのお口の環境を守るのは、歯みがきももちろんですが、家族の口腔ケアがとても大切になります。

スキンシップは良いのですが、その分、虫歯菌、歯周病菌が赤ちゃんに感染する可能性が出てきます。

定期的にお父さん、お母さんが歯科での口腔ケアをされるとより良いでしょう。

2. 2才6ヶ月までに虫歯菌が感染するとカリエスリスクが高くなる。

赤ちゃんのお口にはもともと、無菌状態です。お母さんのお口の環境が赤ちゃんに影響しています。

2才6ヶ月の時期に虫歯菌が家族から感染すると虫歯菌が口の中に住み着きます。この時期を感染の窓といいます。虫歯菌の感染を防ぐには、咬み与えや同じスプーンを一緒に使う事には注意が必要です。