立川の小林歯科クリニックは、子供のむし歯、虫歯予防、食育指導、歯科矯正、床矯正など小児歯科治療に取り組んでいます
ブログ
  • HOME »
  • あいうべ体操

あいうべ体操

あいうべ体操

あいうべ体操とは?

福岡の今井一彰先生が開発された、お口や舌の体操です。

口呼吸から鼻呼吸にかわる事ができる、また免疫力もアップします。

実際に効果のあった症状として、今井先生があげているものに、アレルギー疾患、リウマチ、膠原病消化器疾患など。

目と鼻は病気の入口

口を大きく「あ~い~う~べ~」と動かします。

あいうべ体操 あ

できるだけ大げさに、声は少しでOK!

あいうべ体操の「い」

1セット4秒前後のゆっくりとした運動で!

あいうべ体操の「う」

1日30セット(3分間)を目標にスタート!

あいうべ体操の「べ」

あごに痛みのある場合は、「い~う~」でもOK!

お風呂で、トイレで、」通勤途中に、いつでもどこでも思い出したらやってくだだい。

歯科における「あいうべ体操」の効果

1 、舌の位置が良くなる

本来の舌の位置は上あごに舌背といって、全てピッタリと吸い付くように、くっついているものです。

口呼吸や、舌のクセがある人は舌の先だけが前歯の後ろについている、舌が下の歯を押してくっついているものです。そのため、舌の側面は歯形の跡がついています。

あいうべ体操は舌の筋肉を鍛え、お口の機能を良くするので、舌の位置も変わります。

唾液の分泌が良くなり、したがって歯槽のうろう、虫歯にもなりにくくなります。

2、口呼吸から鼻呼吸に改善できる。

歯科矯正を行ううえで、とても大事な事です。口輪筋、舌、頬筋のバランスが整うとニュートラルゾーンといって、お口の中の空間が良くなります。したがって、歯が口から出ているようないわゆる出っ歯にもなりにくいです。

また、免疫力もアップしますので、お口の中に外からの雑菌が入る事による喉の炎症なども少なくなります。

あいうべ体操の効果

あいうべ体操

「バイオセラピープロモーションデンタルダイアモンド社」参照

PAGETOP